TOP >> よくある質問 >> メニューブックの綴じ方について

よくある質問

メニューブックの綴じ方について
綴じ方にはどのようなタイプがありますか?
レール、ビス、ハトメ、2つ折りのクリップ留めの4種類です。

メニューブックレール綴じタイプ写真
 上から差し込んで綴じます。
 2ページごとのページ組みに適しています。
メニューブックビス綴じタイプ写真
任意の位置に2箇所穴を開け、ビスで留めます。
ビスは簡単にコインなどで 簡単に取り外しができます。
2ページごとのページ組みに適しています。
   
メニューブックハトメ綴じタイプ写真
背の部分に2箇所穴を開け、ハトメを取付けます。
紐等を通し中面とカバーを固定します。
4ページごとのページ組みに適しています。
メニューブック2つ折りタイプ写真
背の部分の上下に、別売りのクリップを各1本ずつ
取り付けて中面を固定します。
4ページごとのページ組みに適しています。
綴じ方向はどちらですか?
メニューブックが横書きの場合は左綴じ(綴じ部分が左側)、
メニューブックが縦書きの場合は右綴じ(綴じ部分が右側)というのが一般的です。
メニューブック綴じ方写真
綴じしろの幅はどのくらいですか??
レール・ビス 共に背の部分より内側に 20mmです。
メニューブック綴じしろ写真
ビスの間隔はどのくらいですか?
メニューカバーに対してバランスの良い位置に穴を開けます。ご自分で中面を綴じられる場合は、
市販のパンチ穴開けの間隔が 80mm なので、 80mm でのご製作をお勧めします。
ビスのサイズ(厚みの長さ)はどのくらいですか?
最短 5 mmで以降 8 mm、10mm、12mm、16mm、18mm、20mmまでございます。
メニューブックの厚さと合わせてご用命下さい。

お問い合わせはこちら